葬儀でのマナーとは

葬儀と思いやりを考える

トップ

葬儀の際のマナーについて

葬儀は宗教的な意味合いの大きな儀式です。相手の宗教や宗派に合わせて参列する必要があります。事前に宗教や宗派を確認しておくようにしてください。キリスト教の場合は、お悔やみと言う考え方はしませんので、ご愁傷様です、お悔やみを申し上げます等の言葉もマナー違反になりますので注意してください。キリスト教の場合は、お悔やみの言葉ではなく安らかな眠りをお祈りいたします、と遺族に伝えるのが一般的です。どのような宗教でも、遺族の方は葬儀の時は忙しくしています。余程親しくない限りは遺族の方に声をかけないのがマナーです。親しかった場合も、お悔やみは手短に済ませるようにしましょう。

茨城 葬儀で安心のお葬式を。
料金やプラン、内容など詳しく紹介しています。希望の形で行えます。大切な方とのお別れをしっかりできますよ。

思いやりとマナーを大切に

葬儀では、多くの人が参列するので、遺族や知人に対して目礼のみで、挨拶をしに行ったり、呼び止める事は必要ありません。出棺時の見送りは、最後のお別れの場になる場合が多いので、しっかり見送る事が大切です。その際のマナーとして、棺が自分の近くを通る時や霊柩車に棺をのせる時に、合掌と供にお辞儀を深くします。また、冬の寒い時期でもコート類は手に持ち、着用はしません。火葬場へは、むやみについて行くのでなく、親族等の近親者だけにしてあげる心配りを持ちましょう。葬儀では、失礼の無い弔意と、親族に対して思いやる気持ちが大切なのです。

葬儀 大阪で理想のお式を。
お得な料金で必要なものはしっかりプランに含まれている理想のパッケージプランがあります。サービスや設備も充実しています。

葬儀のマナーの情報